にじいろバトンに申し込む

「ちがい」で諦めさせない。
LGBTの子どもたちもありのままで
オトナになれる社会をつくるんだ。

ReBitは認定NPO法人です。2018年7月26日以降、皆さまからのご寄付は寄付金控除の対象となります。
※寄付金控除についてはこちらから

にじいろバトン規約をお読みください。
※にじいろバトンは「継続寄付」のみの対象になります。

  • にじいろバトン - 未来にバトンをつなげよう
  • にじいろバトン - 未来にバトンをつなげよう
  • にじいろバトン - 未来にバトンをつなげよう
  • にじいろバトン - 未来にバトンをつなげよう
  • にじいろバトン - 未来にバトンをつなげよう
  • にじいろバトン - 未来にバトンをつなげよう

LGBTとは?

Lレズビアン こころの性が女性で女性を好きになる人
Gゲイ こころの性が男性で男性を好きになる人
Bバイセクシュアル 女性も男性も好きになる人
Tトランスジェンダー 生まれたときのからだの性をもとに
割り当てられた性と、自認する性が異なる人

国内のLGBTの人口比率は、5%~8%
13人~20人1人(*1)

LGBTの子どもたちの声

  • LGBTの子どもたちの声
  • LGBTの子どもたちの声
  • LGBTの子どもたちの声

LGBTの子どもたちの現状

いじめや暴力を受けたことがある:LGBT68%(*2)
自殺念慮を抱いたことがある:トランスジェンダー58.6%(*3)

特に、小学校高学年から高校がピークといわれます。
しかし、先生の1割しかLGBTに関する知識をもっておらず、高校生の1割しか習ったことがありません。(*4)
だからこそ、知識やサポートが届いていません。

LGBT教育事業の取り組み

「多様な性」と出会い、多様性について見つめ直す
授業・研修を全国で展開

全国で子ども/教職者/保護者等、約5万人に授業や研修を届けてきました。
「多様な性」と出会い、多様性について見つめ直す授業・研修を全国で展開

< 受講者の声 >

  • 自分らしさを大事にしたいと思いました。

    (小学生)
  • 生き方は人の数だけあり、その人がその人らしく生きれば社会はもっとよくなると思いました。

    (中学生)

「先生が知る・子どもに伝える」ための教材の開発

多様な性を知る教材や本を、4万部以上提供しています。
  • 教材

    中学校版Ally Teacher’s Tool Kit

    中学校版Ally Teacher’s Tool Kit
  • 書籍

    LGBTってなんだろう?

    LGBTってなんだろう?

    「ふつう」ってなんだ? LGBTについて知る本

    中「ふつう」ってなんだ? LGBTについて知る本

LGBTの若者たちの声

  • LGBTの若者たちの声
  • LGBTの若者たちの声
  • LGBTの若者たちの声

LGBTの若者の現状

同性愛者両性愛者44%
トランスジェンダー70%が、
求職時にセクシュアリティに由来した困難を感じます。(*5)

LGBT就活事業の取り組み

セクシュアリティにかかわらず
「自分らしくはたらく」ことを応援

どんなセクシュアリティであっても、どんな特性をもっていても、それが障壁とならず、
自分らしい働き方や生き方を考え、実現できる社会を目指し、LGBTの就活/就労を応援してきました。
  • LGBTの就活生 /
    求職者1500名以上を
    応援

  • 研修や教材を通じ、
    企業へ理解を広める

  • 自治体と協働した
    就労支援体制の構築

  • 「LGBTも
    自分らしく働くこと」
    を考え・対話する
    カンファレンスを運営

    年で1300人、180社が参加し、政労使によるご後援が実現
セクシュアリティにかかわらず「自分らしくはたらく」ことを応援

< 参加者の声 >

  • 自身がトランスジェンダーであることから、スーツのことや、企業が受け入れてくれるかどうかなど、就職 活動にはたくさんの不安を抱えていました。講座を受けてそんな不安も解消されました。まず「自分が何をしたいか」を軸に働き方を考えようと思えました。

    (就活生)
  • 研修を受け、言葉としては知っているつもりでも、実情を全くわかっていなかったことを感じた。整理された理論と個々の声のバランスが良く、良い機会であった。

    (50代・人事担当者様)

ReBitメンバーの声

  • ReBitメンバーの声
  • ReBitメンバーの声
  • ReBitメンバーの声
  • ReBitメンバーの声

にじいろバトンとは

次世代が、ありのままでオトナになれるように。
次世代が、自分に誇りをもって生きられるように。
次世代に、君は一人ではないことを伝えるために。

そんな想いを「にじいろバトン」に込めて、
一緒に次世代にバトンをつなげませんか?

にじいろバトン規約をお読みください。
※にじいろバトンは「継続寄付」のみの対象になります。

あなたのご寄付のおかげで

にじいろバトンメンバーの声

  • にじいろバトンメンバーの声

特典

にじいろバトン規約をお読みください。
※にじいろバトンは「継続寄付」のみの対象になります。

(*1) 諸外国の調査ではLGBTは概ね2-5%程度などと推定されている。(釜野さおり・石田仁・風間孝・吉仲崇・河口和也 (2015):性的マイノリティについての意識調査2015年全国調査報告書,207ページ)
国内の調査ではLGBTは7.6%(2015年 電通ダイバーシティラボ)や、8.0%(2016年 LGBT総合研究所)といった結果がある

(*2) いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン 平成25年度東京都地域 自殺対策緊急強化補助事業 「LGBTの学校生活に関する実態調査(2013)」

(*3) 中塚幹也(2010)「学校保健における性同一性障害:学校と医療の連携」『日本医事新報』4521:60-64

(*4) ReBit出張授業アンケート(2014・2015)

(*5) 2016 特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ、国際基督教大学ジェンダー研究センター調査より

このページのTOPへ