LGBT教材を全国500校以上の
小学校に無料で届けたい!

キャンペーン期間:8月2日(木)〜9月25日(火)

目標金額:1,200,000円

現在の金額:857,600円(残り8日)

2017年3月30日に、学校の先生がLGBTについての基礎知識を学び、理解し、学校現場で授業できるように「Ally Teacher’s Tool Kit[中学校版]」を公開し、皆さまからのご寄付のもと、全国500校以上の中学校に無料でお届けしました。 

大好評につき、小学校高学年版を2018年9月24日(月)に公開します!

全国の小学校をLGBTもの子どもたちも過ごしやすい学校にするためには、皆さまのお力が必要です。
ぜひ、みなさまのご寄付の力で、小学校高学年版を全国の小学校へお届けください。


ご寄付のほどよろしくお願いいたします。

ご寄付をしてくださった皆さまに

  • 3,000円のご寄付で

    3,000円のご寄付で

    御礼メールとReBitの最新情報が分かるメールマガジンをお届けします。
  • 5,000円のご寄付で

    5,000円のご寄付で

    御礼メールとReBitの最新情報が分かるメールマガジン、2017年度活動報告書をお届けします。
  • 10,000円のご寄付で

    10,000円のご寄付で

    御礼メールとReBitの最新情報が分かるメールマガジン、2017年度活動報告書をお届けします。
    また特別なイベントにご招待いたします。
  • LGBTの子どもたちの声
  • LGBTの子どもたちの声
  • LGBTの子どもたちの声

キャンペーン期間に行われるイベント


9月1日(土) 20:00〜21:00

『Facebookライブ配信第1弾!ReBit×PIECES』

内容子どもの孤立に取り組まれているNPO法人PIECES代表の小澤いぶきさんをお招きします。
>> NPO法人PIECES
参加方法時間になったらReBitオフィシャルFacebookをチェックしてください。
>> https://www.facebook.com/Re.Bit.LGBT/
参加対象どなたでも

9月2日(日) 20:00〜21:00

『Facebookライブ配信第2弾!ReBit×Light Ring』

内容NPO法人Light Ring代表の石井綾華さんをお招きして、子どもの自殺予防について語ります。
>> NPO法人Light Ring
参加方法時間になったらReBitオフィシャルFacebookをチェックしてください。
>> https://www.facebook.com/Re.Bit.LGBT/
参加対象どなたでも

9月15日(土) 19:00〜21:00

『Diversity Drinks〜1杯飲みながら、D&Iを語らNight〜第2弾』

内容大好評だったDiversity Drinksの第2弾を実施します!(前回の内容はこちら
今回はNPO法人がんノート代表理事の岸田徹さんをお呼びして、「LGBT」と「がん」2つの切り口からに職場におけるダイバシティー&インクルージョンについて、参加者の皆さまと一緒に考えます。
場所amu(東京都渋谷区恵比寿西1-17-2)
参加対象ダイバシティー&インクルージョンについて興味・関心がある方ならどなたでも!
(※お酒の提供があるため20歳以上の方のみとさせていただきます)
お申込み>> お申込みフォーム

9月24日(月・祝) 10:00〜15:30

『学校で伝える多様な性-先生と学校づくりを考える』

内容多様な性について伝える学校づくりについて先生方、先生を目指す学生、教育関係者、子どもに関わるすべての方々と一緒に考えるイベントを実施します!
場所国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
参加対象教職員・教職課程履修学生・教育関係者、保護者、子どもに関わるすべての方
お申込み>> お申込みフォーム

全国の小学校へ教材を届ける方法


皆さまからのご寄付は寄付金控除の対象となります。詳細はこちらから。
※この期間中に振り込まれたものは全て「寄付キャンペーン」とさせていただきます。
今回だけ

1)クレジットカードで支払う


2)銀行口座に振り込む

三井住友銀行 武蔵境支店
普通口座 0596883
特定非営利活動法人ReBit
※銀行口座に振り込まれる方は、後日「寄附金受理証明書(領収書)」を発行させていただくため、以下のURLからお名前・メールアドレス・ご住所等を必ずご記入ください。
>> https://goo.gl/forms/i2DtLf3BYoXrqYsw1

継続的に今回だけではなく、継続的にReBitの活動をご支援いただける方はこちらよりお申し込みください。
>> https://rebitlgbt.org/support/nijiirobaton
※お申込みいただいた方は「にじいろバトン」メンバーとして、別途お礼状をお届けいたします。
LGBT教材とは

すべての小学校をセクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい場所に。

小学校高学年向け「Ally Teacher’s Tool Kit (アライ先生キット)
セクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい小学校をつくる「アライ先生」になり、子どもに多様な性について教えるための教材キットを作成しました。

※2018年9月24日(月)に公開予定ですが、事前のご予約も受付中です。(小学校の先生のみ)

※本動画は中学校版Ally Teacher's Tool Kitの映像です。

小学校高学年向け「Ally Teacher’s Tool Kit (アライ先生キット)」とは?
小学校高学年向け「Ally Teacher’s Tool Kit (アライ先生キット)
セクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい小学校をつくる「アライ先生」になり、子どもに多様な性について教えるための教材キットを、20代のLGBTの学生・若者と小学校教員が中心となり作成しました。

全ての資料を無料でダウンロードいただき、授業でそのままお使いいただけます。

小学校の先生には、映像DVDやハンドブック・配布資料などをまとめた製品パッケージを無料で送付させていただきます。
小学校の先生以外の方も製品パッケージをご購入いただいたり、小学校にご寄付いただいたりすることができます。
ぜひ、ご活用ください。

小学校高学年向け「Ally Teacher’s Tool Kit (アライ先生キット)」に入っているもの

先生向け資料 児童向け教材
1説明書 2先生向けハンドブック
3ブックリスト 4学習指導案
5指導の手引き 6先生用アンケート
7小学校高学年向け映像教材 8ワークシート
9配布資料 10児童用アンケート
※「Ally Teacher’s Tool Kit」の全てのコンテンツを権利者に無断で複製、改変、放送、上映、公開、演奏、販売、レンタル、ネットワークを通じて送信できる状態にすることを一切禁止します。

なぜ、小学校で取り組む必要があるの?

セクシュアルマイノリティの人たちが自分のセクシュアリティ(性のあり方)を自覚するのは、小学生から高校生までの学齢期が多いとされています。
また、特に自殺念慮を抱くのは思春期である小学校高学年~高校の頃とされています。

セクシュアルマイノリティは約5~8%(※1)とされていますが、性の多様性について考えていくことは、その約5~8%の子どものためだけではありません。
心と体に著しく変化が訪れる思春期という自己形成の時期だからこそ、セクシュアルマイノリティの子どもも、セクシュアルマジョリティの子どもも、あらためて自分自身について見つめ直し、生涯を通じて自らの心身の健康について考えられる一人ひとりであれたらと願います。

  • 小学校低学年の頃、一人称に「私」や「あたし」を使用していたが、周囲からからかわれていた。「僕」や「俺」を使用するのには抵抗があった。(さち子・20代・トランスジェンダー女性)
  • 「男性が好き」という自分の気づきよりも先に、「オカマ」と言われていた。小3から学校行かなくなって、小6から復帰。でも節々で「女の子っぽいよね」って言われたりした。(M.G・20代・ゲイ)
  • 髪を坊主ぐらいに短くして学校に行ったら、先生に「なんだその髪は。もっと女らしくしろ」と言われ、冷たい水が入ったバケツの中に頭をつっこまれた。(K・20代・トランスジェンダー男性)

  • いじめや暴力を
    受けたことがある
    LGBT
    68%
    ※2
  • 不登校を経験
    したことがある
    トランスジェンダー
    29%
    ※3
  • 自殺念慮を
    抱いたことがある
    トランスジェンダー
    58.6%
    ※3
  • 性同一性障害の人が
    性別違和感を
    感じ始めた時期

    (小学校入学前まで)
    56.6%
    ※3
  • 性同一性障害の人が
    性別違和感を
    感じ始めた時期

    (中学校入学前まで)
    80%
    ※3

※1:諸外国の調査ではLGBTは概ね2-5%程度などと推定されている。(釜野さおり・石田仁・風間孝・吉仲崇・河口和也 (2015):性的マイノリティについての意識調査2015年全国調査報告書,207ページ)
国内の調査ではLGBTは7.6%(平成27年 電通ダイバーシティラボ)や、8%(平成28年 LGBT総合研究所)といった結果がある。
※2:いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン 平成25年度東京都地域 自殺対策緊急強化補助事業 「LGBTの学校生活に関する実態調査(2013)」
※3:中塚幹也(2010)「学校保健における性同一性障害:学校と医療の連携」『日本医事新報』4521:60-64
「アライ先生」のための3ステップ
Before

1説明書


このキットはセクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい学校づくりをしてくださる「アライ先生」になり、子どもに多様な性について教えるためのキットです。
以下3つのステップで「アライ先生」になりましょう!
Step.1
先生が知る
共有する
先生向けハンドブック

2先生向けハンドブック


セクシュアルマイノリティについての基礎知識や、子どもの困りごとについて知るためのハンドブックです。
先生自身が読んだら、他の先生と共有してください。
Step.2
相談していいよ
を伝える

3ブックリスト


「自分は何者なんだろうか」「自分はおかしいのだろうか」と悩む生徒に手を差し伸べるためにも、先生や学校の「キミの力になりたい」を伝えるためにも、生徒が出会う情報は重要な役割を果たします。
図書館や保健室、学級文庫においたり、授業に使ったりできる本やマンガ、映画などをご紹介しています。
Step.3
生徒に
授業をする

4学習指導案 5指導の手引き


小学校の道徳で多様な性についての授業を行っていただく際の、学習指導案と指導の手引きです。
ご参考になりましたら幸いです。

小学校高学年向け映像教材

7小学校高学年向け映像教材 8ワークシート 9配布資料


15分の映像教材には、セクシュアルマイノリティの基礎知識や、学生の声が多く入っています。
また、内容を深めるためのワークシートと、配布資料もご活用ください。
After

6先生用アンケート 10児童用アンケート


内容改善のため、アンケートにご協力いただけましたら幸いです。アンケートは回収後、個人が特定されない形で統計処理をした上で公表させていただく可能性があります。

<6.先生用アンケート>
本教材を活用後にご回答ください。
送付方法:メールかFAXでご送付ください
メール:info@rebitlgbt.org / FAX:03-6278-9909


<10.児童用アンケート>
多様な性の授業に関する教育効果を調べるために、授業時間内におけるアンケートの実施にご協力をお願いいたします。
*留意点
  1. アンケートを回収する際、回収ボックスに児童自身が入れる等、記入内容が他の児童にわからないよう留意して回収をお願いいたします。

送付方法:着払いでご郵送ください
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-1-5 エールプラザ戸山台301号室
認定NPO法人 ReBit宛

※「Ally Teacher’s Tool Kit」の全てのコンテンツを権利者に無断で複製、改変、放送、上映、公開、演奏、販売、レンタル、ネットワークを通じて送信できる状態にすることを一切禁止します。
小学校高学年向け「Ally Teacher’s Tool Kit (アライ先生キット)」の3つの届け方

<小学校の先生の場合>

「Ally Teacher’s Tool Kit」の3つの届け方


<小学校の先生でない場合>

「Ally Teacher’s Tool Kit」の3つの届け方
「Ally Teacher’s Tool Kit」の3つの届け方
教材作成にご支援いただいた企業/団体様
NPO法人モバイル・
コミュニケーションファンド
トヨタ財団
NPO法人モバイル・コミュニケーションファンド ヨタ財団


寄付キャンペーンにご寄付いただいた企業様
ギャップジャパン株式会社 様 NTTデータ 東京スター銀行 ジョンソン・エンド・ジョンソン

小学校高学年向け「Ally Teacher’s Tool Kit (アライ先生キット)」
製品パッケージの事前予約

※こちらは事前予約になります。9月24日公開のため、発送は9月下旬以降の予定となっておりますのでご了承ください。



制作:認定NPO法人 ReBit
監修:早稲田大学教育学部 金井景子研究室
Web design:Kana (aquaorange)
Graphic design:Ayumi Akasaka
映像撮影:(株)折笠ビデオエンジニヤリング
このページのTOPへ