教育事業とは

LGBTを含めた全ての子どもがありのままの自分で大人になれる社会を目指して。


ReBitでは、LGBTのへの理解を深めていただく為、小中高大学/教育委員会/自治体などで生徒/教職員向けに、LGBTが講師を務めるLGBTの出張授業を実施しております。
また、企業に向けてLGBTの就労者による研修も行っております。
出張授業 / 研修

LGBTを含む様々な経験を持つ講師との直接的な対話を通し、体感的な授業を実施。また、教育現場での具体的な対応方法の提案などを教職員等に向けて行う。

学校・教育委員会等で、児童生徒・教職員を対象に、関東を中心にこれまで全国で約500回、約3万5千人に向け実施。2011年度より神奈川県教育委員会「県立学校人権教育スキルアップ研修講座」、2012年度より横浜市男女共同参画センター「市民・NPOがつくる男女共同参画事業」2014年度、内閣府「青少年問題調査研究会(第4回)」講師。

参加者の声

  • 「男らしさや女らしさより自分らしさを大事にしたい!」(小学生)
  • 「これからは、自分の気持ちをちゃんと相手に伝えようと思いました」(中学生)
  • 「生き方は人の数だけあって、その人がその人らしく生きれば社会はもっとよくなると思いました」(中学生)
  • 「LGBT の人はどんな人だろうと思っていたけど、「普通」の人だった。これから友達からカミングアウトを受けてもびっくりしないと思う」(高校生)
企画例
児童・生徒・学生には「LGBTを切り口に、多様性を体感・実感する」ための授業を、教職員には「LGBTの生徒がいることを実感し、LGBTフレンドリーなオトナになってもらう」ための研修を企画しています。
一回の授業は60分〜120分程度、人数は1クラス〜数百名まで規模は様々です。
年齢や時間にあわせて内容をカスタマイズしますので、お気軽にご相談ください。

プログラムサンプル

小学校高学年児童向け

・45分授業×1コマ

・45分授業×2コマ

中学生・高校生向け

・50分授業×1コマ

・50分授業×2コマ

学生(大学生等)向け

・90分授業×1コマ

・100分授業×1コマ

教職員・保護者向け

・60分研修

・90分研修

教材開発
ReBitでは、LGBTへの理解を深めていただく目的で、教材を開発しています。

  • 『小学校高学年向けAlly Teacher’s Tool Kit」』

    『小学校高学年向けAlly Teacher’s Tool Kit」』

    2018年。すべての小学校をセクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい場所に。
    セクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい小学校をつくる「アライ先生」になり、子どもに多様な性について教えるための教材キットを作成しました。
    詳しく見る
  • 『中学校向けAlly Teacher’s Tool Kit』

    『中学校向けAlly Teacher’s Tool Kit』

    すべての中学校をセクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい場所に。
    2017年。セクシュアルマイノリティの子どもにとっても過ごしやすい中学校をつくる「アライ先生」になり、子どもに多様な性について教えるための教材キットを作成しました。
    詳しく見る
  • 『教職員研修用Ally Teacher's Tool Kit』

    『教職員研修用Ally Teacher's Tool Kit』

    すべての学校をセクシュアルマイノリティの子どもにとってもすごしやすい場所に。
    アライとは、LGBTの理解者・支援者のこと。子どもたちに「あなたの味方だよ」「あなたのままで大丈夫だよ」といってくれる先生が身近にいることで、ありのままで大人になれる子どもたちがたくさんいます。
    詳しく見る
  • 教員研修用DVD『先生にできること~LGBTの教え子たちと向き合うために~』

    教員研修用DVD『先生にできること:LGBTの教え子たちと向き合うために』

    2012年11月。早稲田大学教育学部金井景子研室とともに共同制作
    LGBTを授業の中で取り上げてきたベテラン教員の経験と目線から現場教員へ"伝えたいこと"を収録!
    制作:早稲田大学教育学部 金井景子研究室
    頒価:500円(郵送費別)
    お問い合わせ・ご注文は:kanaike@waseda.jp まで
  • 本『みんなちがってみんなステキ』

    『みんなちがってみんなステキ:LGBTの子どもたちに届けたい未来』

    2021年新日本出版社より出版
    2021年1月。子すべての子どもがありのままで大人になれる社会をめざしています。周囲とのちがいに感じた疎外感や孤独、いじめや差別。自問自答しながらも前に進みつづけるメンバー8人が語る多様な性。
    高橋うらら/著 認定特定非営利活動法人ReBit/監修
    購入する
  • 『改訂新版 LGBTってなんだろう?』

    『改訂新版LGBTってなんだろう?:自認する性・からだの性・好きになる性・表現する性』

    2019年5月合同出版より出版。
    体育やプール、制服、学校行事、友だち関係、カミングアウト…LGBTの子どもたちにとって日常の辛い場面で相談できると思える人がいることが何よりも力になります。教育に携わる人はもちろん、子どもとかかわるすべての大人に読んでもらいたい1冊です。
    購入する
このページのTOPへ