お知らせイベント
2021/08/01

【8月22日(日) オンライン開催】「多様性に触れてみよう」





多様性ってなんだろう?
もしかしてこれも多様性?

ワークを通して、すべての子どもがもありのあままで生きるためには、大人には何ができるか一緒に考えていきます。


こんな方にオススメ
✔ 多様性について学校や授業で取り扱っている方
✔︎ LGBTQや多様性に関心がある方
✔︎ 子どもたちがありのあままで生きるために大人ができることを考えたい方
✔ ReBitの活動に興味がある方
✔ NPOへの寄付を考えていらっしゃる方





※学生メンバー/ボランティア募集説明会ではありません。






セクシュアルマイノリティの人たちが自分のセクシュアリティ(性のあり方)を自覚するのは、小学生から高校生までの学齢期が多いとされています。
また、特に自殺念慮を抱く第一ピークは思春期である小学校高学年~高校の頃とされています。

セクシュアルマイノリティは約3~10%とされていますが、性の多様性について考えていくことは、その約3~10%の子どものためだけではありません。
心と体に著しく変化が訪れる思春期という自己形成の時期だからこそ、セクシュアルマイノリティの子どもも、セクシュアルマジョリティの子どもも、あらためて自分自身について見つめ直し、生涯を通じて自らの心身の健康について考えられる一人ひとりであれたらと願います。




このイベントでは、ワークと意見交換をメインに「多様性」について考え、体感することにより、すべての子どもがありのままで生きることができる社会や環境について、みんなで考えていきます。
初めてイベントに参加する方にもご理解いただけるようデータだけではなく、ReBitが社会課題解決のために行っている事業の紹介もお話させていただきます。


[日時]
2021年8月22日(日) 19:00〜20:30

[こんな方にオススメ]
✔ 多様性について学校や授業で取り扱っている方
✔︎ LGBTQや多様性に関心がある方
✔︎ 子どもたちがありのあままで生きるために大人ができることを考えたい方
✔ ReBitの活動に興味がある方
✔ NPOへの寄付を考えていらっしゃる方
 
[会場]
zoom オンライン開催
・お申込みいただいた方には、後ほど当日のURLをお送りさせていただきます。
・オンライン会議のホスト(招待者)はReBitがつとめます。
・会場で開催する場合と同様、他の参加者による録画・録音も禁止といたします。
・参加者の皆さまは、マイクやビデオをONにするかOFFにするか、任意に決めていただき、ご参加ください。
・イベント中に呼ばれたい名前を表示していただくことで、名札がわりといたします。

[参加費]
無料

[当日の流れ] (※変更の可能性もございます)
・ご挨拶
・団体紹介
・ワーク「多様性を考える」
・意見交換
・まとめ、アンケート






※学生メンバー/ボランティア募集説明会ではありません。

このページのTOPへ