お知らせイベント
2020/05/16

【オンライン開催】リモート時代のリーダーシップ 〜エンゲイジメントを高めるチーム運営とは〜



コロナショック以前から、リモートワークが「当たり前」であった分野のひとつに、NPO、市民活動などソーシャルな分野が挙げられます。
「ソーシャルセクターで積み重ねてきた、リモートでのチームマネジメントの叡智は、ビジネスセクターにもおおいに応用できるのでは?」
そんな想いから、
・コミュニティマネジメントの研究・実践を15年間積み重ねてきたCRファクトリー
・全社員が13年間完全リモートで働くマドレボニータ
・ダイバーシティ&インクルージョンに取り組むReBit
で、リモート時代におけるリーダーシップ、チーム運営、コミュニケーションにおける事例やポイントについてお話します。

【イベント概要】
・日時:2020年5月16日(土)19:00-21:00
・場所:zoomによるオンライン開催(クローズド)、登壇者のトークセッションについては、後日youtube等にあげる可能性があります。
・定員:要申し込み、定員なし
・対象:どなたでも歓迎です!
・お申し込み:こちらよりお願いします。

【登壇者】
・呉哲煥 さん(NPO法人CRファクトリー代表理事)
「すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会」の実現を使命に、NPO・市民活動・サークル向けのマネジメント支援サービスを多数提供。セミナー・イベントの参加者は8000名を超え、毎年多くの団体の個別運営相談にのっている。コミュニティ塾主宰。コミュニティキャピタル研究会共同代表。血縁・地縁・社縁などコミュニティとつながりが希薄化した現代日本社会に対して、新しいコミュニティのあり方を研究し、挑戦を続けている。
https://crfactory.com

・吉岡マコ さん(認定NPO法人マドレボニータ代表/産後セルフケアインストラクター)
1972年生まれ。埼玉県出身。「すべての家族に産後ケア」をキャッチフレーズに、「受けるケア」「取り組むケア」セットになった産後ケアの普及に取り組む。 東京大学文学部で身体論を学び、96年に卒業後同大学院生命環境科学科で運動生理学を学ぶ。1998年の出産をきっかけに、産後の健康状態の過酷さを経験するが、回復のためのサポート体制がないことを知り、産後ヘルスケアのプログラムを独自に開発、同年9月に「産後ケア教室」を立ち上げる。インストラクターの養成・認定制度を整備し、産後セルフケアインストラクターの養成を行なう。全国16都道府県70箇所で教室を開催。『産後白書』など産前産後の調査研究や啓発活動にも力を注ぐ。covid-19の影響により全ての教室が閉鎖され、家庭でストレスを抱える妊産婦に対してオンラインでプログラムを提供することに着手している。
www.madrebonita.com/

・中島潤(認定NPO法人ReBit事業本部長)
ReBitにて、キャリア事業と人事関連業務を担当。団体設立時よりReBitに関わり、大学卒業後は民間企業に就職。営業職を経て、販売企画部門課長職として、予算管理や人材育成、組織体制の強化といったマネジメント業務に従事。その後、大学院にて社会学を専攻。現在は、「LGBTも含めた誰もが、自分らしく働くことを実現する」という目標のもと、企業・行政等への研修やコンサルテーション、就活生・求職者への支援を行いながら、自団体の組織づくりや人事も担当している。

このページのTOPへ