2020/04/01

【次の10年に向けて】ReBit Valueできました!

ReBitは、2009年に学生団体として発足してから10年がたちました。これまで、様々なかたちでReBitに関わってきてくださった皆さまのおかげで、今のReBitがあることに感謝するとともに、「LGBTを含めた全ての子どもがありのままで大人になれる社会」の実現に向け、取り組みを続けます。
2020年度、次の10年を歩んでいくにあたり、「チームReBit」としてのあり方を再確認し、目指すものに向けて次のステージに進めるよう、
ReBit Value-私たちが大切にしたい「こころ」
を作成しました。


1.すべての子どもがありのままで大人になれる未来を描きつづける。

すべての子ども・若者が、自分自身を肯定し、身近な人や社会から肯定され、自分らしく大人になれる社会の実現のため、一人ひとりができることを考え、行動し続けます。

2.目指す社会的インパクトのために、成果にこだわる。
一人ひとりが、社会を変える主体です。未来を本気で考えるからこそ、プロフェッショナルである自覚を持ち、常に視座を高め、スピード感をもって自律的に考え行動します。

3.「少しずつを、何度でも」繰り返し、変化への旅を楽しむ。
Bit(少しずつ)をRe(何度でも)繰り返すことで社会がよくなりますように。そんな団体名の私たちは、小さな一歩の尊さを知っています。変化への道のりを「旅」として楽しむ気持ちと共に、その過程自体も大切にします。

4.コレクティブに協働し、あらゆる枠組みを超えて課題に取り組む。
目指す未来に向けて、多様な人・組織と協働し、パートナーシップを組みます。テーマを横断して継続的なコミュニケーションをとりながら、すべての人のちがいが尊重される社会を目指します。

5.ちがいを楽しみ、チームで進む。
チームReBitのメンバーは、誰もが得意なこと不得意なことをもっています。だからこそ、まるごとのその人を歓迎し、ちがいを楽しみ、チームで進むことを選んでいます。互いを信頼し、尊重し、応援しあい、安心して挑戦できる場をチーム全員でつくります。それが、私たちの目指す社会の姿だからです。

6.「人」の変化が、社会の変化。
社会を構成する個々人が、社会の出来事を自分ごととして捉え、考え、行動することで、子どもたちの未来が変わります。誰もが、自分の持ち場で、変化のきっかけになれると、一人ひとりの可能性を信じています。

7.誠実である。
「人としてどうありたいか」を基準に自らを省み、自分と周りの人、そして社会に対して、誠実であることを大切にします。

8.いきいきと、のびのびと、しあわせに。
自身のこころとからだに素直に向き合い、ありのままの自分自身を大切にします。

感謝とともに、次の10年に向けて

これからの「ありたい私たちの姿」を話し合い、言葉にしていくというプロセスの中で、初心や「ReBitらしさ」を改めて思い返したり、それぞれがReBitに集っている想いを語りあったりすることができ、これまでの10年とこれからの10年をつなぐ時間になったと感じています。
ReBitメンバーが大切にし、体現していこうとする価値観を言葉にした【ReBit Value】、日々の仕事の中で自らをふりかえる際や、次の一歩を考える際のよりどころとしつつ、「チームReBit」を育んでいきたいと思っています。
これからの「チームReBit」も、どうぞよろしくお願いいたします!

このページのTOPへ