お知らせ
2018/05/01

N高等学校とNPO法人ReBit、LGBT支援で業務提携を発表しました

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」と、特定非営利活動法人ReBitの業務提携することを決定しました。
今後両者は、研修等を通じてLGBTへの理解促進に取り組み、LGBTの生徒の支援体制構築、LGBTの教職員に向けた職場環境の改善を行う予定です。

N高等学校 奥平博一校長のコメント
「N高は、全ての生徒の考え方・価値観を尊重し、学ぶ環境やチャンスを分け隔てなく一人一人に合わせた最適な形で提供しています。LGBTに関する取り組みは、多様性の受容という側面から見ても必要不可欠であり、N高で学ぶ生徒のみならず、N高で働く教職員にとっても、理解を深める良い機会になると考えています。これを契機に、誰もが安心して学校生活を送ることができるよう、LGBTの認知・理解の拡大と適切な教育の推進に努めます。」

特定非営利活動法人ReBit 薬師実芳代表理事のコメント
「LGBTにとって、高校時代に自尊心を育める場所をもつこと、多様性を受け止めてくれる人がいることは大きな意味を持つと考えます。私自身、トランスジェンダーとして悩み、高校生の時に自殺未遂を経験しました。しかし、こうして生き抜いてこられた鍵も、その時代に見つけました。この経験から、高校がLGBTの生徒たちの命を守り、その後の人生に大きな影響を与える可能性をもつ場所であることを実感しています。
生徒様一人ひとりが自分自身に誇りを持ち人生を歩んでいくため、LGBTを切り口として多様性に溢れる学校を実現する一助となるとともに、他の高校や教育現場にも波及する動きとできるよう取り組みます。」

詳細:https://nnn.ed.jp/news/blog/archives/4399.html

このページのTOPへ